一条工務店で平屋i-smartを秋田県に建築したそらのブログ

なぜ一条工務店i-smartで平屋を選んだのか

2019/01/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
秋田県在住の32歳。子供3人の5人家族。 普通のサラリーマンです。 30歳位で家を建てようと思い2018年7月念願のマイホームを一条工務店で建築しました。 無いものは作ってみる! お金がないなら自分でやってみる! をモットーにおしゃれで快適な家を目指しています! ブログには家のことDIYのことを書いていきます。

こんばんは!

我が家の間取りやオプション、設計時に重視したこと、ぶち当たった一条ルールを何回かに分けて紹介したいと思います。

まず最初はどうして平屋を選んだのかです。

ちなみに我が家は30坪の平屋で4LDKになります。

※トップ画像は一番最初の打ち合わせでもらった図面です。

平屋にした理由

・2階が必要なかった

将来足腰が悪くなった時に2階寝室だと上がるのきついなと思ったからです。

それに2階に行けなくなるなら部屋あっても無駄だなぁと思ってしまったのもあります。

子供が巣立って行ったら妻と二人きりになるので広すぎると掃除とかも大変ですし。

(実家も空き部屋になった2階の部屋は掃除もされず埃まみれになってます。)

あとは子供が階段から落ちる心配をしなくていいのもいいですね。

・2階建てに比べて広く使える

広く使えるというのは同じ坪数で考えたとき2階建てだと階段のスペースで約1坪、2階のトイレで約0.5坪、各部屋に行くための廊下などのスペースが必要になりますが平屋はその分を活用することができます。

そんなの気にならないくらい広い家ならいいのですが30坪という制限があったので少しでも有効に使える平屋を選択しました。(その分平屋は施工単価が高いですが…)

〇参考までに施工単価について

一条工務店は施工面積が大きくなればなるほど1m2あたりの施工単価は安くなっていきます。(〇m2~△m2まではいくらというのが決まっています。)

設計士さんは単価表を持っていましたが見せてくれませんでした(笑)

隠すように手元で計算して

「あぶさんの予算であれば99m2に収まるようにすればコスパがいいです」

とだけ教えてくれました。

理由について当時は納得したのですが何分半年以上前なので記憶が薄れてしまいました ^^;)

確か施工面積が大きくなると単価自体は安くなるのですが劇的に安くなるわけではないので単価が安くなるように施工面積を増やしてもトータル金額が増えるだけといわれた気がします。

参考になるかわかりませんが検討時にメモしていたものが下表のものです。

※単価は当時のものでどこでも共通かは不明です。

平屋のデメリットとして感じたこと

ここまで平屋にした理由を書いてきましたが設計にあたってデメリットと思えることもありました。

・広い土地が必要になり、土地購入資金が多く必要になる。

平屋の宿命ですね。

単純に2階建ての2倍の床面積になるのでその分大きな土地が必要になります。

また建ぺい率というのがあり、土地に対して建てられる建物の大きさも決まっています。

(例えば建ぺい率50%なら100坪の土地には50坪までの家しか建てられない)

土地が大きくなると購入費用が多くなるので家本体に回せる資金が少なくなります。

我が家はたまたま安売りがあったので格安で手に入れることができました。^^

これに関しては安く手に入れることも可能なので削減はできると思います。

・基礎が大きくなるため基礎にかかる費用が多くなる。

こちらも土地と同様2階建ての2倍必要になるため基礎の費用が高額になります。

秋田ではべた基礎になるそうで我が家では約90万円がオプションとしてかかりました。

一番最初に38坪の2階建てで見積もりをもらったときは約50万円でしたのでやはり2倍以上高くなるようです。

こればかりはもうどうしようもないので受け入れるしかありません。

・プライベート空間の確保が難しい。

2階建てであれば1階と2階というフロアで区切られているため、プライベートの空間を分けることが可能ですが、平屋はワンフロアなので難しくなります。

来客があるとうっかり寝起きの姿をさらすことになります。

あとはうちだけかもしれませんが、狭いスペースを有効活用するためLDKを中心に各部屋を配置し廊下を最小限しか作っていないため家族同士でもプライベートの確保が難しくなります。

このデメリットに関しては間取りの工夫でどうにかなるし、逆に考えるといつみられてもいいようにきれいな状態を保てるのかなと思います。

・2階建てに比べて光が入りづらい。

外壁に面していない部屋ができたり、窓からの距離が遠くなったりすることもあるためどうしても2階建ての1階面よりも太陽光が入りづらくなります。

(平屋の方が奥行きがあり窓からの距離が遠くなるため奥まで光が入りづらい)

うちではLDKを家のど真ん中に縦断させているのでどうやって光を入れようか悩みました。

でも間取りを工夫したり、勾配天井+高窓にすることで克服することが可能です。

・周りが2階建てに囲まれると日当たりが悪くなる。

周りに高い建物が建つと太陽光がさえぎられて日当たりが悪くなる可能性があります。

最初に考えていた土地はこの問題がありボツになりました。

購入した土地はすでに周りに家が建っているので問題ないことが確認できたのと南面が道路に面していて開けていたので日当たりについては良好でした。

このデメリットについても事前に調べることができて回避することができます。

・トイレが標準で1つのみ

これについては人それぞれかと思います。

私はトイレでリラックスしてしまうタイプで結婚する前は漫画を持ち込んだりして占有してしまうこともありました。なのでトイレ一個で足りるかなと…

結婚してから妻にやめてくれと言われてやめましたが(笑)

これは極端な例ですがそれでも子供3人を考えているので5人でトイレ一個ってどうなんでしょうか。

争奪戦になるような気がしています。

2個目をつけるとなると結構なオプション金額ですし、スペースも無駄になります。

(2階建ては各階1つずつが標準)

結局妻から

・お互いの実家にも1つずつしかない

・じゃあマンション住まいの人はどうなんだ

・トイレはリラックススペースではない

等々意見をいただき1つで行くことにしました。

これはデメリットなのか⁉笑

最後に

以上が平屋にした理由と感じたデメリットでした。

やはり基礎や土地購入の関係で平屋の方が割高にはなります。

それでも自分たちには2階が必要ないという結論にたどり着いたので予算が許せる中で作り上げていくことにしました。

次回は間取りについて触れていきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
秋田県在住の32歳。子供3人の5人家族。 普通のサラリーマンです。 30歳位で家を建てようと思い2018年7月念願のマイホームを一条工務店で建築しました。 無いものは作ってみる! お金がないなら自分でやってみる! をモットーにおしゃれで快適な家を目指しています! ブログには家のことDIYのことを書いていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA